スペース
HOME > Blog
ブログイメージ
スペース

«2015年01月 | ブログトップ | 2015年03月»

2015年02月アーカイブ

2015年02月10日

絵になるフォトフレームをご紹介します!

こんにちは。
cocotchスタッフのナカムラです。

2月に入り、まだまだ寒さもひとしおですが、お元気でお過ごしでしょうか!
これからの季節、卒業式や入学式と写真を撮る機会が増える時期になりますので、今回はフォトフレームをご紹介したいと思います。

cocotch2015021001.JPG
各 1,620円(税込) サイズ:W16×H20×D1.5cm (写真はL判サイズが入ります)

壁掛けとしても使用できる「Quatre-Neuf」(カトル・ナフ)シリーズの中から3色が入荷しました。

「Quatre-Neuf」とはフランス語で新しい4つ(の節目)を意味しています。
「4」は女性が一生に4回(1.誕生、2.少女から乙女へ、3.妻になる、4.母になる)生まれ変わると言われていることからきています。

いろいろな人生の節目の大切な思い出をこの「絵になるフォトフレーム」で飾って、素敵な空間を演出してみてはいかがでしょうか。


みなさまのご来店を心よりお待ちしています♪

2015年02月24日

「新印象派」展に行ってきました。

こんにちは。
cocotchスタッフの中村です。


春の足音がだんだん感じられる季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、上野の東京都美術館で開催中の「新印象派」展を観てきました。

cocotch2015022402.JPG

「新印象派」とは簡単にいうと、1880年代半ばから約20年間、スーラを創始者とし、色彩を科学的に研究し点描によって描くことを考え出し実践した画家達です。

私が一番印象に残ったのは、リュスの『ルーヴルとカルーゼル橋、夜の効果』という絵です。
絵具を混ぜないでキャンパスに小さい点として置いていく画法のためか、パステル調の明るい色彩の絵がほとんどなのですが、その中にあって紫色で夜を表現したとても幻想的な作品です。
橋の照明がルーヴル美術館と川面を照らす風景なのですが、見ている私をロマンティックな気持ちにさせてくれる魅力的な絵でしたが、ポストカードにはなっていなかったので、ここでご紹介できないのが残念です。

マティスの出現によって新印象派の時代は終わりを告げるのですが、点描画の誕生から終焉までの歴史をたどる構成になっていましたので、感慨深い展覧会でした。


さて今回は、インド製の黄色とピンクの春らしさ満開のランチトートをご紹介します!

cocotch2015022401.JPG
価格:1,404円(税込) サイズ:W30×D12×H20cm


最後になりますが、3月に「住まいのコンシェルジュ」はお陰様で4周年を迎えます。
2/28(土)、3/1(日)、3/7(土)、3/8(日)の4日間でワークショップを開催いたします。ご参加いただけるとうれしいです。(詳しくはhttp://www.suma-con.com/topics/topics.php?nwid=45をご覧ください)

cocotchも全品5%OFF(セール品は除きます)や、特別お買い得品などをご用意しておりますので、この機会にぜひご来店ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

スペース